スノーボード ワールドカップ パラレル大回転で竹内智香が4位入賞

2011年03月28日(月)09時57分
スイスのアローザで開催されたスノーボードのワールドカップで、男女パラレル大回転の最終戦が行われ、日本の竹内智香が女子で4位に入賞。優勝はスイスのフレンジ・マガートコーリ。

男子はオーストリアのアンドレアス・プロメガーが優勝。
日本の斯波正樹は35位。
種目別総合は、男子はオーストリアのベンヤミン・カールが優勝し、斯波は30位。
女子はロシアのエカテリーナ・ツジゲシェワが優勝。竹内は8位、家根谷依里は35位。
スノーボードニュースに戻る
ニュースの投稿