2013年1月のスノーボード ニュース

Technineチームのストリートレールセッション

2013年01月01日(火)01時22分

 デンバーの駐車場、道路脇、スタジアム、はたまた廃車のトラックなど街中の至る所であらゆるアイテムをテックナインライダー達が擦りまくります。これぞストリート!というシーンが詰まった、濃い〜い2分半をご覧下さい。

トースタイン・ホーグモ、ステール・サンドベックらRK1チームのヤバすぎるパークセッション

2013年01月08日(火)22時39分

 ノルウェーのRK1公式Vimeoチャンネルよりトースタイン・ホーグモ、ステール・サンドベックらRK1チームのキーストン、ブリッケンリッジのパークでのフィルムセッション。

 グラトリでぶん回すわ、キッカーでバシバシコークが飛び出すわ、ハンパない速度でレールにエントリーするわ、とにかく息をもつかせぬ5分43秒をじっくりとご覧下さい。

セバスチャン・トータント モントリオールの街中でのライディング

2013年01月09日(水)21時46分

 ビルのそびえ立つモントリオールの街中を見渡す高台に、ウェア姿にボードというどうにも場所に似つかわしくない出で立ちで現れたセバスチャン・トータント。おもむろにドロップし、裏山を滑り降りて行きます。途中階段のハンドレールや、壁を利用したジャンプなどそこにあるものを使って魅せてくれます。

 最終的には道路まで降りて道路脇にあつめられた雪の上を滑っていきますが、さすがに街ゆく人に振り返られています。笑
このニュースのキーワード

ジェイミー・リン、ブライアン・イグチ 90年代に活躍したレジェンドの近影

2013年01月10日(木)16時17分

90年代に活躍した2人のビデオスター、ジェイミー・リンとブライアン・イグチの最新映像が到着。2人とも73年生まれの現在39歳で活躍した当時の映像は時代を感じさせますが、シーンを牽引したスキルとスタイルはまだまだ健在。バックカントリーのパウダー、キッカーで魅せてくれます。

 3分ちょうどあたりには、これに憧れた人も多いであろうジェイミーのトゥイークも!オールドファンは当時を振り返りながらご覧下さい。
このニュースのキーワード

かわいすぎる!生後18ヶ月・おしゃぶり姿のちっちゃなスノーボーダー

2013年01月04日(金)12時08分

 ちっちゃなちっちゃなネベック君は、スノーボードをするときにもまだおしゃぶりが欠かせないまだ生後18ヶ月。おしゃぶりをくわえてのかわいらしいライディングは、ゲレンデでも注目の的。

 ネベック君は、スノーボードが大好きで3歳のアビゲイルおねえちゃんと毎週どこかのゲレンデに出かけているんだとか。2014年のソチには間に合いませんが、10数年後のオリンピックで見かけることがあるかも!?

両膝をつけるとカービングのキレがよくなる?

2013年01月17日(木)09時55分

 谷口尊人プロが配信する無料動画「p-can.tv」にて、カービングのキレを増してくれるという「うちまターン」を紹介。

 なんでも両膝をくっつけることでスノーボードが曲がり、カービングのキレが増すということなんだとか。ロッカーボード風のフィーリングになり、パウダーでの浮力も増すという様々なメリットもあるそう。

 有名なビデオスターもパウダーの着地では膝を近づけているそうなので、気になる人はビデオで確認してみよう!
このニュースのキーワード

平岡卓が海外誌が選ぶ今年注目の若手ライダートップ50で10位に選出。角野友基、平野歩夢らの名前も。

2013年01月11日(金)21時58分

 アメリカのSNOWBOARDER Magazineが発表した2013年注目の21歳以下のライダー50名に、日本からは10位に17歳の平岡卓、Air&Style北京をバックサイドトリプルコーク1440で制した16歳の角野友基、バートンUSオープン Jrジャムを2連覇した平野歩夢らが選出されました。

 そんな今年注目のライダー達のライディングがおよそ11分たっぷり収録。平野歩夢は4分ちょうどあたりからパイプでのライディング、角野友基は4分40秒あたりからキッカーでのジャンプ、5分30秒あたりから平岡卓のパイプでのライディングが収められています。

 ちなみにトップ10は以下の通りとなっており、1位には先日のDEWツアーでスロープスタイルとビッグエアーの2冠達成するなど、大会の表彰台常連のマーク・マクモリスが選出されています。

1位 マーク・マクモリス
2位 ステール・サンドベック
3位 セバスチャン・トータント
4位 ハンス・マインディッヒ
5位 ザック・ヘイル
6位 セージ・コッツェンバーグ
7位 イエーガー・ベイリー
8位 ループ・トンテリ
9位 ジェイミー・ニコルズ
10位 平岡卓

揺れる巨乳に賛否も揺れる!?エロすぎて深夜放送のみになった五ヶ瀬ハイランドスキー場のCM

2013年01月17日(木)22時04分

 宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場の制作したCMが青少年に悪影響を与える恐れがあるとして、CMを放送している民放各局が深夜帯のみの放送となりました。

 このCMは“ユキちゃん”なる女性の胸を強調した映像で構成され、全部で12パターン。おっぱいとスキー場の関係性は・・・といういと、おっぱいが“天然”であることと“天然”雪であることや、おっぱいと同じくふわふわの雪であることなどがかかっているのですが、なにせ12パターンもあるため中にはもはやおっぱい写ってればなんでもいいんだろ、というパターンのものも。こちらのYoutube動画には全12パターンが収められていますので、気になる方はどうぞご確認下さい。

 このCMは、YouTubeのほか、五ヶ瀬ハイランドスキー場 オフィシャルページでも公開されています。
このニュースのキーワード

O'Neill エボリューション 2013 女子ビッグエアーで日本の14歳鬼塚雅が優勝

2013年01月20日(日)19時15分

 スイスで行われた大会「O'Neill Evolution 2013」女子ビッグエアーで日本の14歳鬼塚雅が優勝しました。

 この大会はスノーボードイベントを主催するワールドスノーボードツアーの6ランクある格付けの中で最高ランクとなる6スターイベント。鬼塚雅はこれまでもヨーロピアンオープン Jrスロープスタイルで優勝するなどしており、来年のソチオリンピックから正式種目となったスロープスタイルでの活躍が期待される注目の若手ライダーで、今後ますます注目が集まりそうです。
 
このニュースのキーワード

フロントサイドトリプルロデオをカイル・マックが大会で初めてメイク

2013年01月20日(日)20時01分

 スイスのダボスで行われたTTRの5スターイベントO'Neill Evolution 2013の男子ビッグエアーのスーパーファイナルにおいて、カイル・マックがフロントサイドトリプルロデオを大会で初めてメイクしました。

  残念ながら優勝はバックサイドトリプルコーク1440をメイクしたマクサンス・パロに譲ったものの、2位でフィニッシュ。ハーフパイプでも2位になる活躍ぶりでTTRポイントをゲットし、ワールドスノーボードツアーランキングでも2位にランキングされました。

 カイル・マックはショーン・ホワイト2世とも噂される15歳の若手ライダーで14歳でビッグエアーを優勝した鬼塚雅と同様に今後の活躍が期待されます。

 
このニュースのキーワード

O'Neill Evolution 2013 男子ハーフパイプで諏訪博紀が3位、小山内修平が4位に

2013年01月20日(日)21時30分

 スイスのダボスで開催された O'Neill エボリューション 2013 男子ハーフパイプはジャン・シェラーが優勝、フロントサイドトリプルロデオを大会で初めてメイクした15歳のカイル・マックが2位、日本の諏訪博紀が3位、小山内修平が4位に入賞しました。

 なお、この大会をもって1998年の長野オリンピックで正式種目となったハーフパイプで優勝したジャン・シメンが競技から引退しました。2人の子供が見つめる中6位に入賞し、地元スイスで23年の競技生活に静かに幕をおろしました。

FIS 世界選手権 男子ハーフパイプで17歳の平岡卓が2位

2013年01月21日(月)12時04分

 カナダのストーンハムで開催されたFIS主催の世界選手権 男子ハーフパイプ決勝が20日に行われ、スイスの iPodことイウーリ・ポドラチコフが94.25ポイントで優勝。0.5ポイント差で2位に日本の17歳平岡卓が入り、3位はフィンランドのマーカス・マリーン。ワールドカップ初戦を制した青野令は5位でした。

 女子はアリエル・ゴールドが優勝、2位ホリー・クロフォード、3位はソフィ・ロドリゲスで、日本勢の出場はありませんでした。

【FIS 世界選手権ハーフパイプ決勝】
男子
1位 イウーリ・ポドラチコフ 94.25pt
2位 平岡卓 93.75pt
3位 マーカス・マリーン 86.75pt

女子
1位 アリエル・ゴールド 79.00pt
2位 ホリー・クロフォード 77.25pt
3位 ソフィ・ロドリゲス 72.50pt

テリエのシグネチャーゴーグル「AIRBRAKE」が登場。

2013年01月22日(火)22時13分

 Oakleyより言わずと知れたスノーボード界のレジェンド、テリエ・ハーコンセンのシグネチャーゴーグルシリーズ 「AIRBRAKE」が登場しました。

 このAIRBRAKEの最大の特徴は、Oakley Switchlock™ テクノロジーを採用し、ロッキング機構のレバーを回すだけでレンズ交換が素早く簡単にできるようになっていることと、2種類のレンズを入れておくことで天候の変わりやすい山のさまざまな状況に対応できる点。

 その他にも、衝撃保護性能にも優れておりANSI Z87.1の基本衝撃規格に準拠。Plutonite®レンズのUVプロテクションでUVA/UVB/UVCを100%カット、有害な青色光も除去し目を守ってくれます。フィット感についてもアジアンフィットでアジア人の顔立ちに快適にフィットするデザインとなっています。

オークリー オンラインストア
このニュースのキーワード

X Gamesスロープスタイル前回王者 マーク・マクモリスを追い撮り

2013年01月24日(木)12時10分

 エクストリームスポーツの祭典『X Games』がアメリカのアスペンにていよいよ明日から開幕。スロープスタイルの前回王者でビッグエアーをコンテスト史上初のトリプルコーク1440で制した、マーク・マクモリスの練習ランを追い撮りした映像が公開されました。練習ランとはいえ、かるーくダブルコークを繰り出しノーミスでフィニッシュ。連覇に向けて視界は良好といった所でしょうか。

 そのマーク・マクモリスの最大のライバルと目されるのが、X Games ティニュー大会のスロープスタイルを3連続ダブルコークで制したスノーボード界のスーパースター、ショーン・ホワイト。もはやダブルコークでは勝てなくなってしまった今年はトリプルコークを練習中のようです。


 ショーン・ホワイトは昨年のアスペン大会では、スーパーパイプを満点で5連覇したものの、その前に行われたスロープスタイルでは練習中に足首を痛めて棄権しており、雪辱がかかる所。一方マーク・マクモリスもティニュー大会ではショーン・ホワイトの後塵を拝しており2人の対決に注目が集まります。

グラトリ満載!谷口尊人プロのグラトリ動画

2013年01月24日(木)19時18分

 いつもは池の平温泉スキー場をホームにしている谷口尊人プロが今回は竜王に遠征して、久しぶりに必死でグラトリをしたそうです。ちょっとしたギャップやグラウンドでくるくる回していたり、技のバリエーションも豊富なのでグラトリ好きには参考になりそう。

 ちなみに、1時間くらいの撮影だったそうですが撮影後に体がバキバキになってしまったとか 笑。その他にも配信中のイケノシティシリーズのグラトリ編を掲載しておきますので、ぜひご参考に。




このニュースのキーワード

X Games 2013アスペン 男子スロープスタイル予選はマーク・マクモリスがトップ通過

2013年01月25日(金)11時35分

 アメリカコロラド州で開催中のX Games2013アスペンは男子スロープスタイル予選を行い、ディフェンディングチャンピオンのマーク・マクモリスがトップで通過しました。

 16名のライダーが2本のランを行い上位8名が決勝に進出。マーク・マクモリスは1本目のランで88.66ptを獲得しトップ通過。連覇にむけ順調な滑り出しをみせました。昨年の同大会でも2位となったピートゥ・ピロイネンが2位で通過。そのほかワールドスノーボードチャンピオンシップ 男子スロープスタイルを優勝したチャズ・グルデモンドや、セップ・スミッツなど注目のライダーも通過しました。

 一方、マーク・マクモリスのライバルと目されているショーン・ホワイトは、2回ほど着地で手を着いてしまい67.33ptで7位で通過。決勝ではマーク・マクモリスとのトリプルコーク合戦が見られるのでしょうか?

X Games男子スーパーパイプ日本の14歳平野歩夢が決勝に進出。ショーン・ホワイトも2位で通過

2013年01月25日(金)13時26分

 アメリカコロラド州のアスペンで開催中のX Gamesは男子スーパーパイプの予選を行い、イウーリ・ポドラチコフが87.33ポイントで1位通過。昨年の同大会を満点で5連覇しスロープスタイルとの2冠、6連覇に挑むショーン・ホワイトは87.00ポイントで2位通過。日本のスーパー中学生14歳の平野歩夢は6位で決勝に進出しました。


イウーリ・ポドラチコフ

ショーン・ホワイト


 イウーリ・ポドラチコフは昨年の同大会では93.0ポイントを出しながらも、驚異の満点(100ポイント)でショーン・ホワイトに敗れており、最大のライバルとして注目されています。14歳の平野歩夢はバートンUSオープンJrジャムを2連覇などジュニアはもちろん、Burton High Fivesハーフパイプで大人に混じって優勝するなどすでにジュニアの域にとどまらない活躍をしており、今後の有望株。昨年3位となった青野令FIS 世界選手権2位の平岡卓、国母和宏らが決勝進出をかけて挑みましたが、予選敗退となりました。

X Games 2013ストリートはルイス・フェリックス・パラディスが優勝

2013年01月26日(土)10時04分

ルイス・フェリックス・パラディス


ディラン・アリート


ディラン・トンプソン

アスペンで開催中のX Games 2013はストリートの決勝が行われ、フランスのルイス・フェリックス・パラディスが優勝。2位に地元コロラド出身のディラン・アリート、3位ディラン・トンプソンとなりました。ルイス・フェリックス・パラディスはReal Snowでもゴールドを獲得し、2冠を達成。

 ジャムセッションで5本のランの内ベスト2スコアの合計得点で競われた決勝でルイス・フェリックス・パラディスは、フロントサイドボードスライド to バックサイドリップスライドのレールのトランスファーで最高得点となる42.00ポイントを獲得。2本合計で唯一となる70ポイント台を獲得して優勝。

X Games Real Snow 2013はルイス・フェリックス・パラディスが優勝。上位3名の動画

2013年01月26日(土)09時59分

ルイス・フェリックス・パラディス


ダン・ブリーズ


ボード・メリル

X Games Real Snow 2013はフランスのルイス・フェリックス・パラディスが優勝し、2位ダン・ブリーズ、3位ボード・メリルという結果となりました。ルイス・フェリックス・パラディスはReal Snowで2年連続で2位となったのち、嬉しい初優勝となりました。

 なおファンによる投票部門はまもなく締め切り。男子スーパーパイプ決勝の際に勝者が発表される予定となっています。

GoProの目線カメラで見るX Gamesビッグエアーのキッカー

2013年01月26日(土)11時04分

 日本時間の本日深夜から開催予定のX Games ビッグエアーのコースをトースタイン・ホーグモが手持ちとヘルメットに取り付けたGoProカメラで紹介。注目すべきはその滞空時間の長さ。いかにこのジャンプ台が大きなものかわかります。
このニュースのキーワード

X Games 2013ビッグエアーはトースタイン・ホーグモが優勝。驚異のトリプルコーク祭りに!

2013年01月26日(土)22時25分

1位 トースタイン・ホーグモ


2位 マーク・マクモリス


3位 ステール・サンドベック

 アメリカオンのアスペンで開催中のX Games 2013はビッグエアー決勝を行い、トースタイン・ホーグモが優勝しました。

 ベスト2スコアの合計で競ったファイナルでトースタイン・ホーグモはスイッチバックサイドトリプルコーク1440で満点となる50.00ポイント、バックサイドトリプルコーク1440で44.00ポイントを獲得し、94.00ポイントで優勝。

 マーク・マクモリスはキャブトリプルコーク1440で48.00ポイント、バックサイドトリプルコーク1440で46.00ポイントを獲得し、合計でトースタイン・ホーグモと並ぶ94.00ポイントとなったものの、ベストスコアで及ばず2位に。

 ステール・サンドベックはバックサイドトリプルコーク1440で49.00ポイントと42.00ポイントの3位に。

 なんと上位3名のベスト2スコアが全てトリプルコーク1440という驚異のトリプルコーク祭りとなりました。

X Games 2013男子スロープスタイルはマーク・マクモリスが史上最高スコアで連覇

2013年01月27日(日)12時13分

マーク・マクモリス

マクサンス・パロ

セップ・スミッツ

 アメリカコロラド州アスペンで開催中のX Games男子スロープスタイル決勝が行われ、マーク・マクモリスが史上最高得点となる98.00ポイントで連覇しました。2位にマクサンス・パロ、3位にセップ・スミッツが入りました。対決に注目が集まったショーン・ホワイトは5位に終わりました。

 3本のランの内ベスト1スコアで争われた決勝でマーク・マクモリスは1本目に94.66ポイントでトップに立ち、そのスコアが上回られることなく3本目のスタート時点で優勝が確定。それでもなおスロープスタイルコンテスト史上初となるバックサイドトリプルコーク1440をメイクし、X Gamesスロープスタイル史上最高スコアとなる98.00ポイントでフィニッシュし、2位となったビッグエアーに続きいて2個目のメダルを獲得するとともに、連覇を達成しました。

GoProで撮影されたショーン・ホワイトのトリプルコーク

2013年01月31日(木)14時10分

 アクションカメラGoProで撮影されたショーン・ホワイトのトリプルコークの練習風景。目線カメラだけでなくボードに取り付けたカメラや、手持ち、ヘルメットからの俯瞰カメラなど様々な視点からショーンのエアーが撮影されています。トリプルコークは最後のシーンでメイクしています。
このニュースのキーワード

GoProで撮影されたショーン・ホワイトの目線で見るX Gamesスーパーパイプ

2013年01月27日(日)20時52分

 アスペンで開催中のX Gamesスーパーパイプをショーン・ホワイトのヘルメットに取り付けたGoProの目線カメラや手持ちカメラで撮影した映像。X Gamesを5連覇した高さと対空時間は圧巻です。
このニュースのキーワード

X Games 2013男子スーパーパイプ決勝はショーン・ホワイトが6連覇、14歳の平野歩夢が2位に

2013年01月28日(月)13時34分

1位 ショーン・ホワイト

2位 平野歩夢

3位 マーカス・マリン

X Games 2013の男子スーパーパイプ決勝が行われ、ショーン・ホワイトが6連覇、日本の14歳平野歩夢が2位、3位マーカス・マリンとなりました。

予選をトップで通過し、ショーンの最大のライバルと目されていたイウーリ・ポドラチコフが出場せず、ショーン・ホワイトは1本目で95.00ポイントを獲得すると2本目で98.00ポイントとさらにポイントを上積みし、6連覇を達成。平野歩夢は1本目は失敗したものの2本目で92.33ポイントを獲得。X Games史上最年少のメダリストとという快挙を達成しました。

X Games 2013 男子スーパーパイプ決勝
1位 ショーン・ホワイト 98.00pt
2位 平野歩夢 92.33pt
3位 マーカス・マリン 91.33pt
スノーボードニュースに戻る
ニュースの投稿